未成年でも即日融資は可能?

未成年でも融資が受けられるかどうかということですが、結論から言えば普通は無理ということになります。即日融資が可能かどうかという以前の問題で、実は未成年では基本的に融資が受けられません。これはどういうことかと言えば、日本の法律が関係しています。即日融資かどうかに関わらず、お金を借りる、融資を受けるというのは一種の契約です。契約に基づいてお金を借り、契約に基づいて利息とともに返済をすることになるわけです。
ところが、日本の法律で、有効な契約をすることができるのは成人のみとなっていて、未成年者は有効な契約をすることができません。融資や返済に合意することは自由かもしれませんが、いくら契約書に署名や捺印があろうが、それは法律上有効でないのですから、お金を借りた後に返済を渋られて最終的に裁判に持ち込まれた場合、法律上は返済の義務がないということになってしまいます。これではお金を貸したほうとしてはたまったものではありませんから、即日融資であろうが何であろうが、未成年者にはそもそもお金を貸してくれません。
未成年者であっても立派に仕事を持ち、収入を得ている人は数多くいますし、もちろん全てが全て上に書いたように返済を渋るような人たちばかりではないのは当然のことですが、最後の砦である法律がそのようになっている以上、企業としては未成年にお金を貸すことを事業として運営することはできないということになるのです。