便利?消費者金融をおまとめローンとして使うリスクは?

消費者金融をおまとめローンとして使う際にはリスクもあることを理解しておく必要があります。まず、一番の問題点になるのが金利の高さです。おまとめローンを利用する目的は金利を下げて返済の負担を小さくすることなので、金利の高い消費者金融は適しているとは言えません。限度額が高くなるので金利は低くなりますが、銀行でまとめた方がより低い金利になります。
消費者金融をおまとめローンとして利用する際に、総額が少なければ通常のキャッシングの範囲でまとめることもできますが、高額になった場合は専用のローンを利用する必要があります。ここで、消費者金融は総量規制の対象になるため、総額が年収の3分の1を超えると利用できないように思えます。しかし、有利になる借り換えに関しては総量規制の例外が適用されるので、年収の3分の1以上の金額でもまとめられます。しかし、実際にこのような高額の借り入れをまとめようとすると審査が厳しくなるので、審査に通りやすいという消費者金融のメリットがなくなります。
利便性の低さにも注意が必要です。消費者金融のおまとめローンは返済専用となり、追加で借り入れはできません。規約により、返済中の他社からの借り入れが禁止されていることもあります。これを無視して借り入れを行い、返済が困難になっても同じおまとめローンでまとめられません。また、規約違反したことに気付かれてしまうと、強制解約されて残債の一括返済を要求されることもあります。
おまとめローンで大手銀行がおすすめの理由とは?はこちら