カードローンには借入限度額がある

カードローンでの借入限度額はどのように決まるのか?

カードローンを利用する時に気になるのが、「いくら借り入れる事が出来るのか」という点です。利用する内容にもよりますが、借入金が高いほど審査も厳しくなります。また、借入先によっても異なります。カードローンの利用は消費者金融から借り入れるか銀行からの借り入れるになるかで適用される法律や審査内容が変わるからです。どのような違いがあるのでしょうか?

カードローン先で借入限度額が違う

消費者金融では「総量規制」という法律が課せられます。収入の3分の1までが借入限度額となるのです。仮に300万円の年収だと、限度額は100万円となるわけです。これに対して銀行からのカードローンの場合、課せられる法律が違いますので、総量規制は対象外となります。そのかわり審査基準が厳しくなりますが、審査が通ったなら500万前後の限度額で利用することが出来ます。

限度額の増量は可能なのか?

審査通過後に決められた限度額は増量することが出来る場合があります。きちんとした返済や借り入れる回数があまりない方は、借入先の金融機関から増額の知らせが届くことがあります。つまり、”信用の積み重ね”が大切なのです。逆に言えば、返済が滞ったりすると減額されることがありますので、借りたならきちんと返しましょう。前もって返済の計画も立ててからカードローンを利用するなら上手に活用できるでしょう。

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら