便利?消費者金融をおまとめローンとして使うリスクは?

消費者金融をおまとめローンとして使う際にはリスクもあることを理解しておく必要があります。まず、一番の問題点になるのが金利の高さです。おまとめローンを利用する目的は金利を下げて返済の負担を小さくすることなので、金利の高い消費者金融は適しているとは言えません。限度額が高くなるので金利は低くなりますが、銀行でまとめた方がより低い金利になります。
消費者金融をおまとめローンとして利用する際に、総額が少なければ通常のキャッシングの範囲でまとめることもできますが、高額になった場合は専用のローンを利用する必要があります。ここで、消費者金融は総量規制の対象になるため、総額が年収の3分の1を超えると利用できないように思えます。しかし、有利になる借り換えに関しては総量規制の例外が適用されるので、年収の3分の1以上の金額でもまとめられます。しかし、実際にこのような高額の借り入れをまとめようとすると審査が厳しくなるので、審査に通りやすいという消費者金融のメリットがなくなります。
利便性の低さにも注意が必要です。消費者金融のおまとめローンは返済専用となり、追加で借り入れはできません。規約により、返済中の他社からの借り入れが禁止されていることもあります。これを無視して借り入れを行い、返済が困難になっても同じおまとめローンでまとめられません。また、規約違反したことに気付かれてしまうと、強制解約されて残債の一括返済を要求されることもあります。
おまとめローンで大手銀行がおすすめの理由とは?はこちら

メディプラスゲルと馬油の相性について

保湿効果が非常に高いといわれているメディプラスゲルは、重度のアトピー肌でも使えるといわれている、敏感肌用のオールインワンゲルです。しかし中には、これでもまだ潤いが足りないと感じる方もいるようで、プラスアルファの使い方として、昔ながらの馬油を加えたケアをしているという声もよく聞かれています。
馬油は、オイルとは言え、人間の皮脂にとても良く似た性質を持っていて、肌への浸透率が高い油です。そういっ特徴から考えて、ブースター代わりに、洗顔後に馬油をつけ、その後にメディプラスゲルを使うことで、皮向けするほどの乾燥肌が、すっかり改善された、というメディプラスゲル口コミも見られています。
メディプラスゲル自体が、かなり浸透力のあるゲルなので、基本的な使い方としては、洗顔後の何も付けていない肌に塗るのですが、馬油との併用を考えている場合には、後に塗ると効果がより上がるという方もいらっしゃいます。しかし、中には、ナイトケアの乾燥予防として、メディプラスゲルの後に蓋をすると肌の調子が良い、という方もいるので、今の自分の肌の状態に合わせて、どちらの順番がしっとりと潤うのか見極めてみると良いでしょう。
いずれにしても馬油の量はごくごく少な目で良いので、保湿成分以外にも美白成分も配合されているメディプラスゲルをメインに考えるようにしましょう。どちらも伸びが良いクリームなので、肌がかなり敏感に傾いてしまっているときでも、刺激なく使うことが出来ます。

カードローンには借入限度額がある

カードローンでの借入限度額はどのように決まるのか?

カードローンを利用する時に気になるのが、「いくら借り入れる事が出来るのか」という点です。利用する内容にもよりますが、借入金が高いほど審査も厳しくなります。また、借入先によっても異なります。カードローンの利用は消費者金融から借り入れるか銀行からの借り入れるになるかで適用される法律や審査内容が変わるからです。どのような違いがあるのでしょうか?

カードローン先で借入限度額が違う

消費者金融では「総量規制」という法律が課せられます。収入の3分の1までが借入限度額となるのです。仮に300万円の年収だと、限度額は100万円となるわけです。これに対して銀行からのカードローンの場合、課せられる法律が違いますので、総量規制は対象外となります。そのかわり審査基準が厳しくなりますが、審査が通ったなら500万前後の限度額で利用することが出来ます。

限度額の増量は可能なのか?

審査通過後に決められた限度額は増量することが出来る場合があります。きちんとした返済や借り入れる回数があまりない方は、借入先の金融機関から増額の知らせが届くことがあります。つまり、”信用の積み重ね”が大切なのです。逆に言えば、返済が滞ったりすると減額されることがありますので、借りたならきちんと返しましょう。前もって返済の計画も立ててからカードローンを利用するなら上手に活用できるでしょう。

カードローンでおすすめの1枚はコレ!厳選比較ランキングはこちら

アコムでのキャッシング

アコムでの借り入れ、キャッシングはいつでもどこでも、便利さが際立っています。申し込んでよかったと納得できるカードローン商品となっていますよ。アコムでの借り入れ限度額に設定できるのは、1万円から最高500万円まで、借り入れをしたお金の使いみちは自分で自由に決めることができます。

いつでも借り入れができるアコムは、ネットでの振り込みによる借り入れなら24時間いつでも利用可能です。パソコンやスマホ、携帯だけでなく電話での依頼が可能です。さらに楽天銀行への口座宛てなら振り込みは最短1分で実施されます。すぐに借りたい時にも安心ですよ。

もちろん振り込みによる借り入れでは手数料はかかりません。土日祝、いずれも申し込みができます。楽天銀行以外の銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行などではそれぞれ振り込み実施される時間が違っています。依頼前に確認しておきましょう。

会員ログイン指定から借り入れを選択、いくら借りたいのかを入力するだけで即依頼完了です。手間が全くかかりません。

アコムではネットだけでなく店舗やATMでの借り入れもとっても使いやすいですね。店頭窓口は平日借り入れ対応しています。アコム店舗設置のATMなら24時間いつでも年中無休で利用できます。むじんくんに併設されているATMなら申し込み、契約後カードが発行され次第即使えるようになりますよ。

手数料はかかりますが、提携しているATMもたくさんあります。コンビニや金融機関などたくさんあります。買い物のついでなどでもキャッシングできますのでこちらも大変便利ですね。

アコムの借り入れ方法は自由自在です。その時自分が居る所、どうやって借りるのかに対応できる借り入れ方法を選ぶことができます。どの方法でも手間が少なく借りたい時にすぐにお金を準備することができるでしょう。

土日も申し込める?

なくなったら困る時になくなってしまうのがお金ですよね。必要としているタイミングに準備することが難しいという体験は、どなたでも一度はしたことがあるはずです。週末にお金がピンチになってしまうことはよく起こる事なのですが、土日にスムーズにお金を借りることはできるのでしょうか?

プロミスでは土日も申し込みや借り入れができる方法があります。ネットでの申し込みは24時間365日受け付けています。ただし、申し込み後行われる自動審査は24時間ではなく、時間が決まっています。夜21時を過ぎての申し込みは、翌日の審査となります。

また、プロミスの店頭窓口は平日のみの営業となっていますが、一部の店舗では土日祝も営業しています。(例えば渋谷なら土日祝も10時から18時まで営業しています。)店舗では申し込みをしてから審査を受け、契約が完了してカードを受け取るまでに最短30分程度です。

店舗よりも設置数が多い自動契約機では、原則として土日も申し込みが可能になっています。9時から22時まで受け付けています。営業時間が違っている契約機もありますので、行く前にはプロミスのサイトから確認しておくとよいでしょう。

このようにプロミスでは週末も申し込みからスタートしてもすぐに借りる方法がありますが、契約を済ませておけばいつでもネットやプロミスATM、提携ATMから借りられてより確実です。入会金、年会費などが必要のないプロミスでは借り入れ枠を持っておくだけならコストもかからないのでおすすめですよ。

未成年でも即日融資は可能?

未成年でも融資が受けられるかどうかということですが、結論から言えば普通は無理ということになります。即日融資が可能かどうかという以前の問題で、実は未成年では基本的に融資が受けられません。これはどういうことかと言えば、日本の法律が関係しています。即日融資かどうかに関わらず、お金を借りる、融資を受けるというのは一種の契約です。契約に基づいてお金を借り、契約に基づいて利息とともに返済をすることになるわけです。
ところが、日本の法律で、有効な契約をすることができるのは成人のみとなっていて、未成年者は有効な契約をすることができません。融資や返済に合意することは自由かもしれませんが、いくら契約書に署名や捺印があろうが、それは法律上有効でないのですから、お金を借りた後に返済を渋られて最終的に裁判に持ち込まれた場合、法律上は返済の義務がないということになってしまいます。これではお金を貸したほうとしてはたまったものではありませんから、即日融資であろうが何であろうが、未成年者にはそもそもお金を貸してくれません。
未成年者であっても立派に仕事を持ち、収入を得ている人は数多くいますし、もちろん全てが全て上に書いたように返済を渋るような人たちばかりではないのは当然のことですが、最後の砦である法律がそのようになっている以上、企業としては未成年にお金を貸すことを事業として運営することはできないということになるのです。